コツをおさえれば熟睡できる!

熟睡の秘訣

あなたに必要な睡眠時間が6時間であれ、9時間であれ、その時間でぐっすり寝るための工夫が必要です。

 

ここで、よく寝るための5つのコツを紹介します。

 

これらのうちのどれかが、うまくできていないので、あなたは睡眠不足なのかもしれません。 逆に言えば、こんな簡単ことを実行するだけで、熟睡できるようになりますよ。

 

熟睡できるよう脳をセットする

睡眠不足が習慣になってる場合は、ある意味、脳がそういうふうにセットされてしまっているわけですから、単にスケジュールを変えて、ベットにいる時を長くしても、なかなかうまくいかないものです。

 

最初は脳の設定を変えるためにも、睡眠を助けるサプリメントをとるべきです。スムースに睡眠に入り、熟睡するための脳内物質(メラトニン、セロトニン、トリプトファンなど)がないと、睡眠の質があがりません。

 

サプリの先進国アメリカでは、多くの人がサプリメントを摂ることで熟睡を実現しています。熟睡できずにイライラをつのらせたり、いきなり睡眠薬に飛びついたりするのではなく、まずは質の高いサプリメントで、脳が熟睡できる準備を整えましょう。

 

ちなみに私のお勧めのサプリはこれです。
 休息サポートサプリ「グッドナイト27000」
 

 

 

カフェイン飲料は避ける

ストレスが多い時は、ついついコーヒーをがぶ飲みしてしまいがちです。カフェインには一時的なストレス解消効果はありますが、問題なのは、その覚醒作用が人によっては12時間以上も続くこともあるということです。

 

あなたの場合も、昼ご飯のときに飲んだコーヒーのせいで、夜寝つきのが悪くなったり、夜中に何回も目が覚めたりしているのかもしれません。

 

カフェインの入った飲み物やチョコレートなどのカフェインを含んだ食べ物を1〜2週間、控えてみて、睡眠や体調に変化があるか試してみてください。

 

煙草も、自分の経験に照らし合わせて、睡眠に悪影響を与えようなら就寝前の数時間に吸うのは控えましょう。

 

 

部屋を真っ暗にする

光を浴びると睡眠ホルモンのメラトニンが分解されてしまうので、部屋はなるべく暗く保ったほうがベストです。

 

朝がた、薄手のカーテンを通してぼんやりと光が入ってくるだけで、睡眠の妨げとなる場合もあります。部屋やを暗く保つ工夫をしてみてください。

 

 

就寝前は明るいものは避ける

スマホ、パソコン、TVなどの明るい光は視神経を通して脳を刺激するので、睡眠ホルモンのメラトニンが分解しされてしまいます。つまり脳が目覚めてしまうということです。 就寝は明るいものは見ずに、静かに過ごしましょう。

 

 

就寝時間を一定にする

いつも違った時間に就寝すると、脳も混乱して、睡眠ホルモンのメラトニンの分泌がタイミング良くできなくなってしまいます。若い時は不規則なスケジュールでも、あまり問題ありませんが、30歳を超えたころから、この混乱がはっきりと出はじめます。

 

夜の12時前に就寝したほうが、睡眠の質が上がるという研究結果もあるので、できるだけ12時までに就寝しましょう。 

 

 

これら5つのこと実行すれば、あなたが熟睡するための基礎ができあがります。このサイトで紹介している、他のストレス解消法といっしょに取り組めば、ストレスが解消されて、楽に日々過ごしている自分に気づくことも、そう遠くはありません。